火災保険をかけるときの注意点

火災保険をかけるときの注意点について紹介します。火災保険は比例填補方式という計算の方法で計算されます。例えば生命保険の保険金が1000万円とすると1000万円、2000万円なら2000万円支払われることになりますが、火災保険の場合は少し違うんです。

建物の時価相当額というのを最大限にかけておかないと、一部損害の時などには、保険金が減ってしまうんだそうです。しかし、全焼した場合には、全額保険金が支払われることもあります。

例えば、自宅の時価が1500万円だった場合は、火災保険金額は時価の半額になってしまいます。ですから半壊したときでも、保険金はその保険金額の、半分になってしまうということになります。

ですから、火災保険で2000万円かけているから大丈夫と安心してはいけないのです。2000万円かけていた場合でも、被害状況によっては半分以下、4分の一しか保険金が支払われないということもありえます。

持ち家がある方はほとんどの場合は、火災保険をかけていると思いますが、自分の家が出火元だった場合、近隣も巻き込んでしまっても、火災保険の適応はその自分の家だけということになります。火災保険は生命保険と違って少しややこしい部分がありますので、わからなければ専門家に相談してみることをおすすめします。

火災保険の基礎知識

火災保険とは?

火災保険とは、火災やその他の災害などによる、建物や家財などの損害を補償をすることを目的とした保険です。対象とする建物の種類によって「住宅」「一般」「工場」「倉庫」に分類され、補償の範囲や補償内容は、各種類によって違っています。

保険内容を決める時にまず必要なのは以下の通りです。 1、不動産登記簿謄本などで、建物の構造・面積を確認しましょう。 2、建物の評価額を確認して、補償額を決めます。 3、 建物と家財、あるいは建物だけ、家財だけ、など保険の目的を確認しましょう。

注意点として、通常、建物が全焼した場合は保険は時価で損害を補償しますので同等の家を建て直すだけの補償を得られません。保険金だけで同等のものを新たに建築・購入するには、再調達価額で保険金額を設定する「価額協定保険特約」 という特約を付ける必要があります。

火災保険会社選びにはインターネットを活用しましょう。以前なら、営業マンに来てもらったり、1件1件各社に電話で内容を何回も伝えたりと非常に手間と気苦労もありました。一度の入力で複数の保険業者から一括見積もりが出来るサイトもあるので有効活用してみて下さい。

火災保険に関する無料レポート・小冊子

火災保険はやすくなる!!

この度は,私の無料レポート「火災保険は、安くなる」に興味を持っていただいて有難うございます。

私は、ファイナンシャルプランナー事務所を開業しています野村と、申します。

前述のように、実は、火災保険って、見直しによって安くなるんです。では、なぜ、そのことが知られていないのか?

それは、ずばり言ってしまえば、火災保険を売っている、代理店自体が、お客さんに、それを、伝えていないからです。

火災保険の見直しの方法は、3つあります。このレポートでは、その方法について書かれています。サー、早速自分にあった方法を、見つけてみてください。

火災保険はやすくなる!!


【今年6月よりスタート!】あなたの家は大丈夫?住宅用火災警報器の設置義務化に伴い、知らないとマズイ必須まめ知識

今年6月1日より、改正消防法がスタートします。

そんな、法律は私には関係ない・・・・なんて思っている人はいませんか?

それは、大きな間違いです。

今回の改正法では、私たち国民にとって、見逃すことの出来ない、ルール変更が付け加えられました。

それは何か・・・・?
一般住宅に対する、火災警報器の設置義務化です。

すべての住宅に火災警報器が義務付けられるということは、日本で生活する以上、あなたも例外ではありません。

ところが、法律で定められた、この火災警報器の設置時期などを、誤った形で認識されている方も、どうやら少なくないようです。

消防法改正により、便乗するであろう悪徳業者に騙されないためにも、ぜひ、このレポートを一読し、住宅用火災警報器の設置義務に関する、正しい基礎知識を、今から身に付けておいて下さい。

【今年6月よりスタート!】あなたの家は大丈夫?住宅用火災警報器の設置義務化に伴い、知らないとマズイ必須まめ知識

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。